レスQ学習館リニューアル

安心・低リスクの学習塾経営「レスQ学習館」

塾総コンサルティングは、学習塾の経営改善・開業(開校)サポート・フランチャイズ加盟教室の不振脱却及び脱会支援を全国的に十有余年140教室にかかわってきたいわば、アンチ・フランチャイズのコンサルティング会社です。
学習塾フランチャイズのあり方に大きな疑問を感じ、「レスQ学習館」として安価で高品質なサポートの提供、異業種の方でも成功確率が高い学習塾経営ノウハウを提供しています。
「善き人が良き塾を創り、成功すること」がモットーです。

令和元年サポート料割引キャンペーン実施中!複数教室展開割引制度もあります

塾経営のメリットと将来性

「学習塾」は、以前から不況に強い業界だと言われていますが、今や少子化と乱塾(学習塾がたくさんある現状)の市場環境下では「誰もが成功する」わけでもありません。
しかしながら、他業種に比べればビジネスチャンスは大いに隠れています。

塾経営のメリットと将来性

塾経営のメリットと将来性

例えば、日本は資源も乏しく、国土が狭い、国力を維持するには「知的財産である国民の教育・知的レベル」を維持向上させることが必要であり、現在、文科省「ゆとり教育からの脱却(競争原理への回帰)」、学校等の教育現場の混迷を見ただけでも塾の存在意義と保護者の期待、そして依存度は増すばかりなのです。
また、家庭における子どもの教育費に対する支出の優先順位はとても高いのです。加えて他業種に比べ初期投資額が低く、運転資金が安く利益率の高いこともメリットです。

「塾業界のネガティブ要因の一つは、少子化です。しかしながら、少子化=子どもにかける教育費の増加であり、2世帯家庭であれば、祖父母が孫の教育費をサポートすることが通例化しています。
この傾向は、団塊の世代が続々と定年を迎え始めている現状を考えると、これからも一部の家庭では続くでしょう。

塾経営のメリットと将来性

塾経営のメリットと将来性

もう一つのネガティブ要因は、石を投げれば塾に当たるほどの乱塾状況です。いわゆるパイの取り合い合戦になる市場環境ですが、レスQ学習館の差別化された戦略と戦術は、この状況をプラスに変えてしまいます。
例えば、学習塾に行っていないお子様を塾生にすることよりも他塾に通塾しているお子様を自塾に招くほうが効率的に塾生を増やせるのです。

家計目線での一般的な塾の月謝は「高額」です。加えて、現在多くの塾でおこなっている個別指導は、実際に教わっている時間は数十分に過ぎない為に、本当に有効な学習指導をしているとは言い難いのです。
成績が3以下の子どもにテストで点数を取るためには「習熟と暗記」を毎日させることが一番です。

学習塾運営で一番の問題、教室長・講師の質の維持と確保が難しい現実があります。実は、多くの塾ではこれらのことは解かっていますがいわばタブーとして伏せています。
弊社のアンケートでは家計に負担がかからない塾の月謝は『1万円強』なのです。

塾経営のメリットと将来性

一般的なフランチャイズ加盟塾の実態

もはや、普通の「塾」を運営し成功させるには「職人技」が必要であり、かなり難しいと言わざるを得ません。
加えて、本来、塾の開業は初期投資が他業種に比べ格段に少ないことがメリットと言えるのですが、一般的なフランチャイズ加盟塾の場合では、1教室開校するのに600万円から1,400万円程度かかっているのが現状です。

一般的なフランチャイズ加盟塾の実態

一般的なフランチャイズ加盟塾の実態

これは、高額な加盟初期費用(研修費・ノウハウ提供料)や宣伝広告援助金のほか、テナント賃貸料や内外装工事以外にフランチャイズ本部より強制購入させられる教室内備品など、ありとあらゆるものにマージンが上乗せされている為です。

そして、ほとんどのフランチャイズ本部は、生徒の募集について何の戦略も計画性も無いまま画一的なチラシを大量配布させ、塾経営をした事もないスーパーバイザーやアドバイザーと称する「営業社員」が、机上の空論や実際にはできない教室運営アドバイスをしていることが現実です。
当然のごとくチラシの反響は低く、また反対に支出する広告費用は年間で百数十万にのぼり、その半分以上は本部の利益となります。

一般的なフランチャイズ加盟塾の実態

一般的なフランチャイズ加盟塾の実態

加えて、役に立たないアドバイスの為のロイヤリティは、教室売り上げに応じて上がっていきますし、そのほかにも管理運営費・宣伝広告協力金・塾生管理ソフト運用費等々、毎月「わけのわからない」出費を強いられます。これでは加盟塾の方はたまったものではありません。
たとえ、塾生が集まったところで結果的には損益分岐点が高くなり利益率が圧迫されるため、オーナーの利益は当然少なくなってしまいます。
結果、儲かるのは本部ばかりということになります。

もはや、普通の「塾」を運営し成功させるには「職人技」が必要であり、かなり難しいと言わざるを得ません。
加えて、本来、塾の開業は初期投資が他業種に比べ格段に少ないことがメリットと言えるのですが、一般的なフランチャイズ加盟塾の場合では、1教室開校するのに600万円から1,400万円程度かかっているのが現状です。

一般的なフランチャイズ加盟塾の実態

一般的なフランチャイズ加盟塾の実態

これは、高額な加盟初期費用(研修費・ノウハウ提供料)や宣伝広告援助金のほか、テナント賃貸料や内外装工事以外にフランチャイズ本部より強制購入させられる教室内備品など、ありとあらゆるものにマージンが上乗せされている為です。

そして、ほとんどのフランチャイズ本部は、生徒の募集について何の戦略も計画性も無いまま画一的なチラシを大量配布させ、塾経営をした事もないスーパーバイザーやアドバイザーと称する「営業社員」が、机上の空論や実際にはできない教室運営アドバイスをしていることが現実です。
当然のごとくチラシの反響は低く、また反対に支出する広告費用は年間で百数十万にのぼり、その半分以上は本部の利益となります。

一般的なフランチャイズ加盟塾の実態

一般的なフランチャイズ加盟塾の実態

加えて、役に立たないアドバイスの為のロイヤリティは、教室売り上げに応じて上がっていきますし、そのほかにも管理運営費・宣伝広告協力金・塾生管理ソフト運用費等々、毎月「わけのわからない」出費を強いられます。これでは加盟塾の方はたまったものではありません。
たとえ、塾生が集まったところで結果的には損益分岐点が高くなり利益率が圧迫されるため、オーナーの利益は当然少なくなってしまいます。
結果、儲かるのは本部ばかりということになります。

PAGE TOP