これから生き残る学習塾経営②

往々にして、成功している学習塾は「塾長が指導し、塾長が熱意があり、塾長がいい人で、塾長が…、塾長が…」と塾長の能力と人格が評価されている場合です。

良きことなのですが、塾長が年齢を重ねていくほどに「経年劣化」は避けられませんし、生活環境の変化で以前のように「塾のことばかり」も問題が発生します。実際、塾は成功しているのだが家庭崩壊?なんていう笑えない現実が儘あるのです。

大切なことは、塾長が熱意・体力・時間があり、「成功しているうちに」少なくとも3教室までは開校させることです。そして、家庭生活を円満にする時間や自身がフルに仕事なできなくなっても収入を確保することを考えるべきです。

塾コンは、知っています…複数教室展開のリスクと悩みを。翻れば、成功する教室展開手法を知ってほしいです。

関連記事

  1. 雑談雑考:塾生は、何年在籍するのか?
  2. 雑談雑考;新年を迎えるにあたり「学習塾の将来性①」
  3. 教室展開⑪:なぜ必要なのか
  4. これからの生き残る学習塾経営④
  5. 学習塾経営について②
  6. 15周年記念キャンペーン第一弾:成功する学習塾開業・有効な学習塾…
  7. 学習塾「悩み相談」受け付け始まります。
  8. 2教室目が失敗するワケ

ブログカレンダー

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP