「学習塾経営・教室運営について」③

新年度を迎え、主に小・中学生対象の場合、中学3年生の穴埋めに新規入塾生を募ることが一大仕事になります。4月を迎え「思うように集まらない。」場合でも特段に落ち込む必要もない現況があります。なぜなら、3月にこぞって塾に入る時代は今や昔の話で、「毎月、毎月」入塾の機会を創れる昨今です。
闇雲にチラシやポスティングをするのではなく、フォーカスを絞って、ニーズに合った紙面創りをすることで新規入塾生は集められます。

関連記事

  1. 窶「学習塾の起業・開業・開校のために⑧(教室を増やす)
  2. これからの生き残る学習塾経営⑪
  3. 教室運営活性化とは⑦「新商品開発と独自性」
  4. これからの生き残る学習塾経営⑤
  5. 雑談雑考;教務力は成功する為の必要十分条件ではない
  6. 個別指導の限界
  7. 中学三年生の継続通塾をするには…
  8. 費用対効果が高いサポートを…活用しましょう!

ブログカレンダー

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP