教室展開③:人材育成

先月、ある団体のセミナーを行いました。その団体の依頼は「教室長の育成」について話してほしい、ということでしたのでまずは「適(人)材の採用について」講演をしました。その一部をご紹介します。
教室長を雇用する場合に面談をするでしょう・・・明るい人、元気な人を採用しようとしますが「1回や2回の面談」で果たして人間理解ができるでしょうか?
物静かな人でも「熱き思い」の人もいますし、一見元気な人も「その場しのぎのカラ元気」も否定はできません。
できることなら、弊社で活用してるような「その人の持つポテンシャル」を測れる診断ツールを使うことを勧めます。
主観的経験値での判断に加えて、科学的見地からの情報が適する人材の雇用に繋がります。

関連記事

  1. 学習塾成功法⑩
  2. 雑談雑考;教務力は成功する為の必要十分条件ではない
  3. 雑談雑考:夏の思い出①「心頭滅却すれば火もまた涼し?」
  4. 番外タイトル:塾コンはなぜクライアントを明かさないのか?
  5. マンネリ化と信頼性の違い
  6. 教室運営活性化とは③「問い合わせがないから仕方ないは罪」
  7. 学習塾の独立開業・起業・開校を成功させるには⑭
  8. 教室展開⑨:複数教室展開と多教室展開

ブログカレンダー

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP