【幻想と現実のはざまで、リスクを最小にした学習塾開業の話】

学習塾開業・経営・脱サラ起業;リスクを最小にした学習塾開業法

【幻想と現実のはざまで、リスクを最小にした学習塾開業の話】
有名・著名の個別指導フランチャイズ加盟塾を開業する場合、初期費用は凡そ800~1000万円かかります。
本部に支払うお金とテナントを借りる費用、教室設営費用等々すべてを含めての金額です。
初期費用の回収には、何年かかるのでしょうか?
回収できれば、良いのですが開業から1年以内に黒字にならなかったら?
ある塾長は、開校から2年が経ち月純利が10万円以下で生活費の補填が続き、ご相談を受けました。
初期投資額、ランニングコスト、生活費もろもろ合計すると2年間で少なくとも1500万円の赤字です。
このまま、生活費の補填をしながら続けると資金ショートしてしまう状況です。
「開校から1年後には月収40万以上は固いですよ。」と言われて開業したそうです。
集まらない、辞めてしまう、いつまでたっても塾生が増えない。
陰気になる、保護者対応や塾生対応にも影響する、負のスパイラルです。
先ず、固定経費が掛かりすぎなのです。
テナント賃料が18万円(約17坪)、光熱費、ロイヤルティ・システム使用料・什器リース代・宣伝広告協力金他の合計で月に60万円もかかっていたのでは大変です。
これに、月収30万円確保を乗せると月売り上げ90万円が必要です。
月謝単価を仮に2万円としても、45人の塾生が必要です。
月謝単価は現実的には、1万8千円がいいとこなので、塾生は50人はいないと90万円の売上にはなりませんが50人の塾生を確保することはとても大変です。
結果、「塾生50名になれば月収は月収40万は固いです。」は幻想だと思います。
フランチャイズ加盟で四苦八苦の塾長各位の現状を踏まえ、現実的でリスクが低い、固い開業方法を「本気で学習塾経営を成功させたい貴方」にだけお伝えします。
こちらから「無料相談」をご活用ください。

関連記事

  1. 雑談雑考;これからの学習塾経営・開業についての多面的思考
  2. 雑談雑考;なぜ学習塾を開業するのか?
  3. フランチャイズ加盟での学習塾開業・開校のメリットとデメリット
  4. 雑談雑考;学習塾はフランチャイズビジネスとして・・・
  5. 雑談雑考:「学習塾成功の本質」
  6. 学習塾開業成功事例;未経験・早期退職・56歳・妻帯者・地方リター…
  7. 雑談雑考;女性の方が学習塾開業・経営をする場合の一考察
  8. 雑談雑考;学習塾経営者として「明るき未来の為に・・・」

ブログカレンダー

2022年7月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP