雑談雑考:学習塾経営の成否を分けるのは①

 新たに教室を開校する場合、独立開業で学習塾を開業する場合に共通していることは開校場所の選定で成否の7割は決まるということです。

いくらテナント賃料が安くとも教室中心に半径500m以内が高齢化しているのでは失敗しますし、目立つテナントであっても「入りづらい」のであればやはり厳しい状況になります。

また、開校場所の商圏内に学習塾が無いか少ないに越したことはありませんが「特定の学習塾(ココでは固有名詞を上げるわけにはいきません)」が近隣にあれば転塾を誘うこと戦略で自塾の塾生を増やしていくことが容易なことも現実です。

以下は、「出したら失敗する(失敗した)」例です。

①橋の近くの物件

②商業地域の3階以上の物件

③バイパスや車線が多い道路沿い

④交差点の物件

⑤物件隣りが飲み屋

 より詳しい情報収集や失敗のリスクを極力下げたい方は、「なんでも質問箱」をご活用ください。

 

関連記事

  1. 雑談雑考;個人塾経営の将来設計①
  2. 雑談雑考;学習塾開業は誰にでもできるが、誰もが成功するわけではな…
  3. 雑談雑考;学習塾経営者(塾長)の成功は学歴ではない
  4. 雑談雑考;学習塾経営・開業・開校の落とし穴「フランチャイズ加盟塾…
  5. 雑談雑考;成功している塾の共通項
  6. 雑談雑考;個人開業塾の成功の秘訣
  7. 雑談雑考;学習経営・脱サラ開業にコンサルタントは必要なのか?
  8. 中高年学習塾開業成功事例;48歳・営業職・妻子有「就業しながら開…

ブログカレンダー

2021年4月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP