雑談雑考;コロナウイルスの影響下で思う学習塾経営の原点回帰

【コロナウイルスの影響下で思う学習塾経営の原点回帰】
ここでいう原点回帰とは、
〇実家のある地方部に帰郷しての学習塾開業
〇現職を辞めずに副業として、実家或いは学齢期を過ごした地方部でのオーナー型の学習塾の開校
を指します。
いずれにしてもキーワードは「地方」です。
単的に言えば、「安定した収入の確保をする為にキャッシュポイント増やすこと」や「地方で悠々自適な生活をする」また、シニア世代の方は「退職前から学習塾を開業し退職後の安定収入の確保」です。
都市部に比べれば学齢期の人口は少ないのは当たり前ですが開校教室近隣に子供がいればいいのです。
また、地方部の学習塾は都市部に比べその運営内容や経営戦略が「ぬるい」ことから塾生を自塾に誘導しやすいことも挙げられます。
学習塾開業時の塾生確保の第一は「他塾からの転塾」を如何に誘うかなのです。
特に進学塾に通塾している子供の少なくとも2割は満足していないのです。
実際、弊社サポートで地方部での学習塾開業のほうが塾生が集まりやすい結果となっています。
脱サラして、郷里で学習塾を開業したい方は「無料相談」を活用されその実際を聞いてみたらいかがでしょうか?

関連記事

  1. 学習塾経営の展望;果たして個人経営の学習塾に明るい未来はあるのか…
  2. 学習塾経営「無料」説明会のご案内
  3. 学習塾経営“無料”説明会のお知らせ
  4. 雑談雑考;なぜ、その学習塾に通うのか?
  5. 雑談雑考;コロナ渦下の個人経営学習塾の現状②
  6. 中高年の学習塾開業講座②「安心確実な学習塾経営とは」
  7. 雑談雑考;年収820万円塾長回顧録②
  8. フランチャイズ加盟での学習塾開業・開校のメリットとデメリット

ブログカレンダー

2020年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近の記事

  1. *

アーカイブ

PAGE TOP