学習塾経営・開業・脱サラ「現実の年収はいくらになるのか?」

雑談雑考;学習塾経営・開業・脱サラ「現実の年収はいくらになるのか?」

【フランチャイズ加盟学習塾のシュミレーションは現実的なのか?】
「フランチャイズ学習塾の説明を聞いたのですが、本当に2年後には年収800万円以上になるのでしょうか?」というご相談を受けることが多い昨今です。
また、「初期費用1,000万円は、3~5年以内に回収できますよ…と説明を受けましたが現実はどうなんですか?」のご質問も多いです。
確かに、シュミレーションどおりならば問題はありません。
当たり前ですが、学習塾の売り上げは塾生の集まり具合で決まります。
 少子化と学習塾がたくさんある市場環境下で、塾生の確保は早々簡単にはできません。
開業教室内の商圏での塾生の取り合いになるからです。
有名・著名なフランチャイズ個別指導塾の説明では「50名が損益分岐点でそれを超えれば利益はうなぎ上りです。80名で年収は軽く800万円は超えますよ…」嘘ではないのですが、そもそもそれだけの塾生が集まるかどうかの問題なのです。また、直営教室の場合は販促費をふんだんにかけられますから、個人オーナーの教室とは比べられない実態もあるでしょう。
個人で学習塾を経営し成功している塾長は、フランチャイズ加盟の学習塾のシュミレーションは「絵に描いた餅」であることを知っています。
例えば、1教室で年収が約600万円の塾長の場合、塾生が40名で月収約30~40万円(塾長が授業をしている場合)に加えて、講習会や特別講座の利益を加えての年収となっています。
ロイヤリティ等のフランチャイズ本部に支払う必要もなく、テナント賃料等の固定経費も安いので、損益分岐点がフランチャイズ加盟塾よりも圧倒的に低く、塾生20~25名で収支トントンの運営内容なのです。
月謝の設定額にも因りますが(高額にすれば、利益率は高くなりますが集まりづらくなります。)、塾生が35名~40名確保し続けていれば年収は450万円~650万円は得られるということです。
翻って、塾生が50名で収支トントンというのは、現実的ではないように思うのです。
学習塾経営を成功させる為には、いくつかの要因をクリアしますがその一つは塾生30名で利益がちゃんと出るようにすることなのです。
学習塾業は、やり方さえ間違わなければ「景気に関係なく、固い収入を得られる」仕事です。
実際、個人経営で1教室で年収700万円、2教室、3教室と複数教室展開をしている塾長もいらっしゃるのですから…

 学習塾開業に関する懸念やいろいろな質問がある方は、こちらからお気軽にお問い合わせください。

関連記事

  1. 雑談雑考;個別指導塾の限界「運営面からの問題」
  2. 雑談雑考;学習塾経営は儲かるのか?
  3. 雑談雑考;学習塾の開業・開校に適した月はあるのか?
  4. 塾生30名で利益が出なければ運営に問題がある
  5. 学習塾開業・経営・脱サラ起業;学習塾開業の成否を分ける塾生20名…
  6. 雑談雑考;コロナ渦の中、学習塾業に明るい未来はあるのでしょうか?…
  7. 雑談雑考;女性の方が学習塾開業・経営をする場合の一考察
  8. G.W悲喜交々②:学習塾開業者のそれぞれ

ブログカレンダー

2022年7月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP