雑談雑考;学習塾開業・開校して損益分岐点の塾生数は何人?

ここで言う損益分岐点とは、固定経費や人件費を含み収支が0とします。

塾生の月謝額にもよりますが現実に成功している個人経営の学習塾では20名想定です。(人件費がかからない塾長自身が教務を執る場合は人件費分は利益になります)

以外に低い?(フランチャイズ加盟では塾生数40名以上が損益分岐点が多いようです)

逆説的な言い方になりますが塾生20名で収支0の「建付」をすれがかなり楽なのです。

楽というのは、塾生が集めやすい人数であることが一番の理由です。また、20名集めれば「口コミが出やすい(逆に言えば20名はいないと出にくい)」です。

塾長が自信で指導する場合、塾生20名で月売上げ30万~40万弱で固定経費が15万円~20万円で月利益が15万円以上が見込めるわけです。

この様な運営内容にする為に創意工夫をすることがリスクが低い学習塾経営なのです。

塾生が、50名、60名・・・・・集めるのは資金的にも時間的にも早々簡単にはいかない現実があるのでフランチャイズ加盟での開業・開校は大変なのです。

関連記事

  1. 学習塾開業・起業;成功例ダイジェスト
  2. 雑談雑考;フランチャイズ学習塾経営のメリットとデメリット
  3. なぜ、成功する学習塾を「創成」なのか?
  4. 雑談雑考:e-ラーニング学習塾が上手くいかない理由
  5. 雑談雑考:学習塾成功の成否を分けるのは?①
  6. 雑談雑考;生き残る=成功する為の「学習塾の商品開発」とは
  7. GW特集;学習塾の実際「現場で起こる悲喜交々①」
  8. 雑談雑考;中高年の引きこもりの方々へ

ブログカレンダー

2019年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP