雑談雑考;生き残る=成功する為の「学習塾の商品開発」とは

少子化と乱塾の市場環境下で、成功し続ける・存続する為には商品開発をすることが今や必須条件です。

かつては、塾生が集まったのに最近は…

何だか、最近問い合わせがないなあ…

ホームページもお金をかけて作ったが…

チラシの反応が殆どない…

多くの「相談」を受けます。

様々な、理由が複合的に絡み合って低迷しているのですが共通していることは「授業内容や運営内容が旧態依然」ということなのです。

個別指導だけの授業で成績が絶対上がるのでしょうか?

その時に理解してもテストで点は取れない?

学校の授業を聞かないのでは、指導効率が悪い!

宿題を出してもやってこない…

保護者と信頼関係を作りたいが、どうしたものか?

まだまだありますが「これらに対応できるモノ」を創ることがとても重要です。

成功し続けている「教室」は、必ず商品開発をし続けているのです。

悩んでいる方は先ずは、無料相談から…必ずや新たな道が開けるはずです!

関連記事

  1. 雑談雑考:入試改革と個人経営塾の行く末を考える
  2. 雑談雑考;塾長の悩み相談「複数教室展開①」
  3. 緊急特番;50歳以上の学習塾経営・開業希望者向け成功プログラム
  4. 塾生30名で利益が出なければ運営に問題がある
  5. 雑談雑考;学習塾の成長過程①-開業・開校時-
  6. 雑談雑考:塾生は、何年在籍するのか?
  7. 雑談雑考;学習塾経営の実際
  8. レインボー倶楽部;低廉な費用で教室の活性化を

ブログカレンダー

2019年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP