学習塾経営改善<学習塾開業の方策が有効な訳

雑談雑考;学習塾経営改善<学習塾開業の方策が有効な訳

学習塾開業時というよりは、開業準備段階で思索することと所謂、既存塾(開業してしばらくしてからの学習塾)の運営をより良くしていく方策は「かなりの部分で重なる」内容となります。

当たり前のことではありますが、ならば「開業以前に、開業時」に成功する為の方策を練った上での開業が望ましいことは自明の理かと思います。

○開業して凡そ6ヶ月過ぎれば、教室近隣地域にはある程度「どんな塾なのか(印象ですが)」認知され始めますからこの時期に塾生が少ないことは当然に良くはありません。

○開業、開校したばかりの「勢い(塾長のですが)」があるうちに少なくとも20名は集めること

○新規の学習塾開校ですが、特にフランチャイズ加盟の場合「新規開校!」を大体的に謳うと保護者の印象として「経験がない人が始めるのね?」の印象になる現実

脈絡無い事項ですが、今から開業される方は是非とも念頭に置いてほしいことです。

独立開業は、誰でもできますが「誰もが」成功することはありません。

※不安や懸念は事前に、「無料相談」にて払拭されることをお勧めします。

 

 

関連記事

  1. 雑談雑考;学習塾経営・開業・脱サラ「現実の年収はいくらになるのか…
  2. 雑談雑考;コロナ渦下の個人経営学習塾の現状②
  3. 雑談雑考;個人経営学習塾のコロナウイルス対応と自己実現の勧め
  4. 夏の虫と学習塾
  5. 学習塾開業・経営・脱サラ起業;学習塾成功の5割以上は開校場所の選…
  6. 雑談雑考:学習塾開業・開校のリスクについて
  7. 雑談雑考;塾生募集の要諦③
  8. 雑談雑考;「学習塾を開業して塾生が集まるのだろうか?」が一番の不…

ブログカレンダー

2022年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP