雑談雑考;学習塾経営改善<学習塾開業の方策が有効な訳

学習塾開業時というよりは、開業準備段階で思索することと所謂、既存塾(開業してしばらくしてからの学習塾)の運営をより良くしていく方策は「かなりの部分で重なる」内容となります。

当たり前のことではありますが、ならば「開業以前に、開業時」に成功する為の方策を練った上での開業が望ましいことは自明の理かと思います。

○開業して凡そ6ヶ月過ぎれば、教室近隣地域にはある程度「どんな塾なのか(印象ですが)」認知され始めますからこの時期に塾生が少ないことは当然に良くはありません。

○開業、開校したばかりの「勢い(塾長のですが)」があるうちに少なくとも20名は集めること

○新規の学習塾開校ですが、特にフランチャイズ加盟の場合「新規開校!」を大体的に謳うと保護者の印象として「経験がない人が始めるのね?」の印象になる現実

脈絡無い事項ですが、今から開業される方は是非とも念頭に置いてほしいことです。

独立開業は、誰でもできますが「誰もが」成功することはありません。

※不安や懸念は事前に、「無料相談」にて払拭されることをお勧めします。

 

 

関連記事

  1. 学習塾経営「無料」説明会のご案内
  2. 雑談雑考;成功している塾の共通項
  3. 雑談雑考:学習塾経営の成否を分けるのは②
  4. G.W悲喜交々②:学習塾開業者のそれぞれ
  5. 雑談雑考:「学習塾成功の本質」
  6. 雑談雑考;フランチャイズ学習塾のあれこれ②
  7. 雑談雑考;生き残る=成功する為の「学習塾の商品開発」とは
  8. 学習塾開業を検討されている方々へ:後悔する前に無料相談を!

ブログカレンダー

2019年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP