雑談雑考:学習塾経営の成否を分けるのは②

 開校場所の選定の次に大切なことは「教室責任者の個性の反映」です。これは即ち、差別化の具体策となります。例えば…

「若き塾長・教室長」であれば、熱意と体力を具体化した運営

「40歳以上の塾長」であれば、人格と教養を武器とした運営

「教務力に自信がある」ならば、近隣他塾と異なる教務指導の具体化

「教務力に自信がなくとも熱意と理念がある」ならば、e-learningを活用した独自のカリキュラムとマネージメント

塾長の個性とは、塾業に限らない職務経験であり、人格であり、性格であり、固有の能力を指します。

これらを熟慮し、活かした指導内容と教室運営を構築することが他塾にはない差別化された教室運営となります。

ここに、フランチャイズ加盟塾よりも個人経営塾が成功する確率が高い理由があるのです。

些細なことでも気になる方は 「なんでも質問箱」 をご活用ください。

 

関連記事

  1. 学習塾経営「無料」説明会のご案内
  2. 学習塾経営の資金繰り・教室運営の行き詰まりを解決します。
  3. 学習塾経営の展望;果たして個人経営の学習塾に明るい未来はあるのか…
  4. 雑談雑考:学習塾成功の成否を分けるのは?①
  5. 中高年学習塾開業成功事例;48歳・営業職・妻子有「就業しながら開…
  6. 雑談雑考;学習塾の面倒見とは何か
  7. 雑談雑考;学習塾開業・開校して損益分岐点の塾生数は何人?
  8. 雑談雑考:e-ラーニング学習塾が上手くいかない理由

ブログカレンダー

2019年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP