雑談雑考;英語に特化した学習塾開業の成否は?

職務上英語を使ってきた方や指導していた方で「英語教室」を開校したい…このような方からの相談を多く受けます。
「果たして、英語教室は成功するのでしょうか?」
先ず、現行の英語教室の分類は
〇児童向けの英会話教室;習い事感覚で、ネイティブ講師が売り→大手・著名教室に通う
〇中学生・高校生向けの英語指導;英検等の資格取得サポート、英語の学力向上サポート ※英語に強いと謳う学習塾
〇大人向けの英語教室;資格取得、英会話→大手・著名教室に通う

結果、個人開校教室は「英語だけ」で普通の内容では、大手・著名教室には叶わない現実です。
理由;大手・著名教室は「人材が豊富」 「指導カリキュラムが充実」 しているからです。

翻って、個人経営で成功するためには、どうすればいいのか?
◎大手・著名教室ではできない内容の構築
◎運営をフレキシブルにする
◎開校地域の潜在ニーズを探り、合わせた講座を行う
抽象的な表現ですが、これらを「塾長のポテンシャルに応じて」具現化することが大切だと思います。

塾コンでは、英語に特化した教室、英語専門教室の開校サポートを過去に複数行い成否を分ける運営内容を塾としています。
ご興味があれば「無料相談」をご活用ください。

 

関連記事

  1. 特番;学習塾経営・開業・開校「学習塾経営の現実③;e-learn…
  2. 雑談雑考:学習塾成功の成否を分けるのは?①
  3. 雑談雑考;学習塾経営の実際
  4. 雑談雑考;学習塾は果たして儲かるのか?
  5. 雑談雑考:学習塾経営に向いている人とは…
  6. * 塾長奮闘記:子供との信頼関係を創ること
  7. 学習塾経営・学習塾専門コンサルタント養成についてのお知らせ
  8. なぜ、成功する学習塾を「創成」なのか?

ブログカレンダー

2020年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP