学習塾開業・経営;学習塾成功の秘訣は「人それぞれの独自性」にあります。 学習塾開業・経営;学習塾成功の秘訣は「人それぞれの独自性」にあります。

学習塾開業・経営;学習塾成功の秘訣は「人それぞれの独自性」にあります。

【ニーズの多様性と独自性の合致】
個人開業で学習塾を経営する場合、ほぼ100%「個別指導」の形態で開業する昨今です。
特に、学習塾業が未経験の方がフランチャイズ加盟で開業される理由の一つ「知名度があるから集まる」ということなのですが、現実は中々苦戦している状況です。
これは、個別指導塾が多すぎる為に魅力を感じてくれない事が大きな理由なのです。
加えて、保護者側からは、「未経験の脱サラ塾長」や「先生が学生アルバイト」ということに対する不安感がある為に、塾生が集まらない様相です。
このような状況で、「今」開業して成功している学習塾はどんな塾なのでしょうか?
また、学習塾を20年以上経営している塾でも、長くやっているから安定的に塾生を確保しているかと言えばそうはいきません。
(これは、フランチャイズ加盟のメリットである認知度や知名度以上に地域に浸透しいる学習塾の場合でもということです。)
安定して塾生を確保している個人経営学習塾は、文科省の指導要領の変更や教科書改訂による学校現場の状況の変化に応じた指導内容の改善、保護者の価値観や子供たちの意識の変化に対応等進化し続けています。
かつては、塾生が70名いた塾でも30名になってしまった塾が多くなってきた理由は「変化に対応していない」為です。
さて、今から学習塾を開業する場合は、どうしたら良いのでしょうか?
個別指導の場合、塾長自身が教務指導に自信が無かったり、指導ができないという場合は「時間講師」を使って運営することになりますがこれでは全く他塾と差別化できません。
また、自身が教えることができる場合でもやはり「個別指導を謳っても」少子化と乱塾の状況では塾生の確保にかなり厳しいでしょう。
そもそも、個人経営の学習塾に通塾する子供や通わせようと思う保護者のニーズはどこにあるかを理解しなければなりません。
・進学塾の授業にはついていけない。
・学習習慣が身に付いていない。
・学校の授業が理解できない。
・学習する環境が必要。
・勉強方法が解らい。
・積極的に質問ができない。
・落ち着いた雰囲気で勉強したい。
・宿題や課題が提出できない。
・相談相手が欲しい。
等々、ニーズが多様化しています。
これらのニーズに対して「自身が何ができるのか?」を考えて、対象を絞り込むことが今から学習塾を開業して成功する為には必要です。
<A氏の場合>
教務指導には全く自身がないが社員教育に長く携わり、やる気の向上や保護者対応については不安がない。
成績不振の子供たちを対象に「基礎学力の定着」と「カウンセリング的な指導」を相談脳上で構築し、保護者との信頼関係を創る方法を創って開業。
ここで大切なことは、「A氏ができる事」をよくよく相談しながら運営内容を創ったことです。
開業から6か月で塾生38名確保し順調に運営しています。
<B氏の場合>
脱サラして学習塾開業を考えていたが、塾生が集まらなかったらどうするのか?という家族の反対があり悩む。
会社を辞めないで、副業として開業し軌道に乗ったら退職という方法をご提案し開業。
人件費はかかりますが収入を得ながらの開業の為にリスクは低いです。
開業から約1年、月営業利益が25万円となり退職時期を考える状況までになりました。
このように、人様々に状況に応じた学習塾開業方法があることをご理解いただければ幸いです。

「個別指導」であったり、知名度を期待したフランチャイズ加盟での学習塾開業を検討しつつも、「学習塾の現状」も知ってほしいと思います。
現役塾長のスタッフがリアルな状況と学習塾成功への準備や、質疑にお応えしますので「無料相談」を活用して頂ければ幸いです。

関連記事

  1. 雑談雑考;コロナ緊急事態宣言下の学習塾で子供たちを教えていて感じ…
  2. 雑談雑考;オンライン指導とITC教材が学習塾経営の救世主になるの…
  3. 雑談雑考;中・高年の方が学習塾開業・経営を成功させる方法
  4. 雑談雑考;学習塾経営・開業で脱サラ・独立独歩のススメ「コロナウイ…
  5. 雑談雑考:塾生増加の方法①「他塾からの転塾」
  6. 学習塾開業を検討されている方々へ:後悔する前に無料相談を!
  7. G.W特番②;学習塾開業・経営「個人開業塾のリアルな状況」
  8. 「学習塾経営・教室運営」について⑩

ブログカレンダー

2023年10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP