雑談雑考:学習塾経営の成否を分けるのは③

塾長・教室長の個性や能力を活かした教室運営をすることが重要だということを①にて述べましたが、これは画一的な運営内容では成功しないことと同値ということです。

例えば、「こうすれば、必ず成功する」運営内容があるのかと聞かれれば「あります」と答えます…実際に、あるのですから。

然し乍ら、誰もができる内容ではないということが問題であり、「解っちゃいるができない。」のでは、全く意味がありません。

また、若く体力がある場合と年齢を重ね体力がない場合とでは、できる事とできない事が異なるでしょう。

最近は、学習塾業従事者よりも異業種・他業種の方が塾長として開業・開校する方が成功し易い現実もあります。

学習塾業は、誰でも何の資格や認可もなく開業できる業ですが、誰もが成功するわけではないことは周知の事実です。

何かと不安や懸念、相談などあれば「無料相談」をご活用してください。

関連記事

  1. 雑談雑考;ある保護者の声「大学生の先生は信用できない。」
  2. 雑談雑考:塾生増加の方法①「他塾からの転塾」
  3. 学習塾成功法5の鉄則ーお問合せ先着5名様迄進呈ー
  4. 雑談雑考;コロナ渦の今、学習塾業に明るい未来はあるのでしょうか?…
  5. 雑談雑考;シニア・50歳代からの学習塾の経営・独立開業のリスク
  6. 雑談雑考;近隣塾に「勝つ」の意味
  7. 雑談雑考;塾生が集まらない理由
  8. 雑談雑考;学習塾開業・損益分岐点の塾生数は何人なのでしょうか?

ブログカレンダー

2021年6月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP