雑談雑考:学習塾経営の成否を分けるのは③

塾長・教室長の個性や能力を活かした教室運営をすることが重要だということを①にて述べましたが、これは画一的な運営内容では成功しないことと同値ということです。

例えば、「こうすれば、必ず成功する」運営内容があるのかと聞かれれば「あります」と答えます…実際に、あるのですから。

然し乍ら、誰もができる内容ではないということが問題であり、「解っちゃいるができない。」のでは、全く意味がありません。

また、若く体力がある場合と年齢を重ね体力がない場合とでは、できる事とできない事が異なるでしょう。

最近は、学習塾業従事者よりも異業種・他業種の方が塾長として開業・開校する方が成功し易い現実もあります。

学習塾業は、誰でも何の資格や認可もなく開業できる業ですが、誰もが成功するわけではないことは周知の事実です。

何かと不安や懸念、相談などあれば「無料相談」をご活用してください。

関連記事

  1. 雑談雑考;学習塾経営改善<学習塾開業の方策が有効な訳
  2. 学習塾経営の展望;果たして個人経営の学習塾に明るい未来はあるのか…
  3. 雑談雑考:e-ラーニング学習塾が上手くいかない理由
  4. 雑談雑考:どんな塾が「今」ウケているのか?
  5. 2月集中:学習塾経営無料説明会のご案内
  6. 学習塾経営者研修のススメ
  7. 雑談雑考:安定している学習塾の特徴①
  8. 学習塾開業成功事例;未経験・脱サラ・45歳・4人家族

ブログカレンダー

2019年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP