これからの生き残る学習塾経営⑨

個人塾の塾長が陥りがちな傾向に「新たな挑戦」をしなくなる…ことがあります。

取りあえずは「喰えている」、まあまあ「ゆとりの生活」ができている。

実は、この時にしなければならないことが結構あるのですが「腰が重い」様です。

塾にも自身にも「体力があるうちに」1教室から脱皮して複数教室展開をしなければなりません。

法人化→人材雇用・人材育成は、自身が今の仕事量ができなくなったときもさることながら、健全な家族生活を営む上でも必要なことです。

なぜ?そうしない…怖いからです。

人が自分と同じようにできないだろう→その通りです。

今の収入から一時減るだろう→その通りです。

塾コンは、他教室展開の難しさを知っている以上に成功する方法も知っています。

「体力があるうちに」また、「一度失敗した塾長」も塾コンに一度は接してみてください。(無料相談)

自身の賞味期限が塾の賞味期限になってはいけません。

関連記事

  1. 雑談雑考:自己啓発と自己実現の為に…学習塾専門コンサルタント養成…
  2. レインボー倶楽部;低廉な費用で教室の活性化を
  3. 授業家と事業家
  4. 雑談雑考;塾生募集の要諦②(学習塾開業・開校当初のチラシ)
  5. 学習塾の起業・開業・開校のために⑪
  6. 辛口雑談雑考;たまにはいいかな「こんなポンコツ塾長にならないでく…
  7. 雑談雑考;馬鹿塾長は成功するが阿保塾長は・・・
  8. 教室運営活性化とは①「塾生募集を戦略的に考える」

ブログカレンダー

2021年1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP