これから生き残る学習塾経営②

往々にして、成功している学習塾は「塾長が指導し、塾長が熱意があり、塾長がいい人で、塾長が…、塾長が…」と塾長の能力と人格が評価されている場合です。

良きことなのですが、塾長が年齢を重ねていくほどに「経年劣化」は避けられませんし、生活環境の変化で以前のように「塾のことばかり」も問題が発生します。実際、塾は成功しているのだが家庭崩壊?なんていう笑えない現実が儘あるのです。

大切なことは、塾長が熱意・体力・時間があり、「成功しているうちに」少なくとも3教室までは開校させることです。そして、家庭生活を円満にする時間や自身がフルに仕事なできなくなっても収入を確保することを考えるべきです。

塾コンは、知っています…複数教室展開のリスクと悩みを。翻れば、成功する教室展開手法を知ってほしいです。

関連記事

  1. 雑談雑考:入試改革と個人経営塾の行く末を考える
  2. 学習塾開業成功事例;未経験・早期退職・56歳・妻帯者・地方リター…
  3. GW特集;学習塾の実際「主婦の井戸端会議から」
  4. 番外編;複数教室展開の必要性
  5. 教室運営活性化1-①「教室責任者(塾長・教室長)の能力向上;入塾…
  6. 夏の雑考雑談⑩;学習塾の起業・開業「月謝が画一的なフランチャイズ…
  7. 学習塾成功法⑤
  8. 雑談雑考;教えることに不安があっても学習塾経営はできるのか?

ブログカレンダー

2021年1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP