これから生き残る学習塾経営②

往々にして、成功している学習塾は「塾長が指導し、塾長が熱意があり、塾長がいい人で、塾長が…、塾長が…」と塾長の能力と人格が評価されている場合です。

良きことなのですが、塾長が年齢を重ねていくほどに「経年劣化」は避けられませんし、生活環境の変化で以前のように「塾のことばかり」も問題が発生します。実際、塾は成功しているのだが家庭崩壊?なんていう笑えない現実が儘あるのです。

大切なことは、塾長が熱意・体力・時間があり、「成功しているうちに」少なくとも3教室までは開校させることです。そして、家庭生活を円満にする時間や自身がフルに仕事なできなくなっても収入を確保することを考えるべきです。

塾コンは、知っています…複数教室展開のリスクと悩みを。翻れば、成功する教室展開手法を知ってほしいです。

関連記事

  1. 学習塾の起業・開業・開校のために①
  2. 夏の雑考雑談⑤;成功する学習塾経営にはナビが必要
  3. 個別指導塾のこれから②
  4. 夏の虫と学習塾
  5. 中高年の学習塾開業講座③「失敗は許されない」
  6. 指導理念は、飾りか?
  7. 雑談雑考;学習塾経営者として「明るき未来の為に・・・」
  8. 学習塾成功法⑤

ブログカレンダー

2020年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近の記事

  1. *

アーカイブ

PAGE TOP