これから生き残る学習塾経営②

往々にして、成功している学習塾は「塾長が指導し、塾長が熱意があり、塾長がいい人で、塾長が…、塾長が…」と塾長の能力と人格が評価されている場合です。

良きことなのですが、塾長が年齢を重ねていくほどに「経年劣化」は避けられませんし、生活環境の変化で以前のように「塾のことばかり」も問題が発生します。実際、塾は成功しているのだが家庭崩壊?なんていう笑えない現実が儘あるのです。

大切なことは、塾長が熱意・体力・時間があり、「成功しているうちに」少なくとも3教室までは開校させることです。そして、家庭生活を円満にする時間や自身がフルに仕事なできなくなっても収入を確保することを考えるべきです。

塾コンは、知っています…複数教室展開のリスクと悩みを。翻れば、成功する教室展開手法を知ってほしいです。

関連記事

  1. 雑談雑考:塾生募集の適時とは
  2. 夏の雑考雑談⑪;学習塾の開業・起業「学習塾と学校は違うのです。」…
  3. 雑談雑考;ある保護者の声「大学生の先生は信用できない。」
  4. 雑談雑考:学習塾成功のキモは個性化
  5. ホリデイ・ブレークの雑談;ある学習塾開業者A氏の話
  6. 学習塾経営について⑤
  7. お知らせ:キャンペーンの終了
  8. 雑談雑考;塾生募集の要諦②(学習塾開業・開校当初のチラシ)

ブログカレンダー

2020年1月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP