学習塾成功法⑱

教室責任者である塾長或は教室長は、教室運営の職務を全うしなければなりません。教室運営と学習塾経営の思考的また職能と職務は共通な内容もありますがそうではないこともあります。

今回は、教室運営のお話をしましょう。特に大切なこは、塾生の募集・確保です今さらながらのことですが反応が薄い募集方法や紙面内容を延々と続けることがよくあるようです。

チラシは、1万枚で反応が2件以下なら、ポスティングは3000枚で反応が無いなら、「同じ紙面内容」で続けるべきではありません。

また、根本的に教務内容が魅力が無いのかもしれません。(これは経営的な内容になります。)

大切なことは、現状チェックを定期的に行い、より良き教室運営を考えることです。

変化を嫌ってはいけません。

 

 

関連記事

  1. なぜ、成功する学習塾を「創成」なのか?
  2. 雑談雑考;ある保護者の声「大学生の先生は信用できない。」
  3. 教室運営活性化とは⑤「改善の一歩は閉塞感の払拭」
  4. 教室運営活性化1-①「教室責任者(塾長・教室長)の能力向上;入塾…
  5. 経営者はバランス感覚が大切
  6. 雑談雑考;塾生30名で損益分岐点が成否のカギ
  7. 教室展開①:上手くいっている塾でも・・・
  8. 学習塾の起業・開業・開校のために⑦

ブログカレンダー

2020年1月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP