人材育成の大切さ

学習塾の生命線は、言わずもがなの「人」です。
塾長、教室長、講師…ポジションによって、求められる能力が違いますが、「人的能力の向上」ができない、しない塾は、その規模に関わらず「必ず」潰れます。
特に塾経営者は、他の業種の経営者に比べ「特異な能力」が要求されます。
また、教室長は、教務、運営の両面の能力を理解しなければなりません。
講師といえども、知識の切り売り的授業では、今や能力不足です。
IT化が進む現代だかららこそ、人対人の、血の通った授業・指導が求められるでしょう。
人的資源の開発・研修がこれからの塾には今以上に求められるのです。
さもないと、プロモーションがうまくとも、集められるが退塾する「ざる塾」になってしまうのは、火を見るよりも明らかです。

関連記事

  1. 学習塾の独立開業を成功させるには①
  2. 個別指導塾のこれから①
  3. 学習塾開業成功事例;未経験・早期退職・56歳・妻帯者・地方リター…
  4. 塾生を集める方法②
  5. 雑談雑考:学習塾経営者の成功する資質、似て非なる「頑迷」と「信念…
  6. 差別化とは
  7. 塾生募集の虎の巻②&開業当初の募集
  8. 雑談雑考:学習塾経営に未来はあるか?

ブログカレンダー

2019年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP