学習塾成功法⑥

学習塾の「設備」はどの程度が適当なのでしょうか?
外観:電飾看板で総工事費100万の塾とアクリルボードのライトアップで総工費20万以下(カッティング文字等も含む)
内装;机・椅子、面談机、壁紙・フロアも立派な教室と会議テーブル・パイプ椅子、内装はそこそこ…
資金が潤沢で「金をかけても別段回収できなくてもいいか…」ならば「高品質」で構いませんが高品質だからといって塾生がわさわさ来るものでもありません。
大切なことは「清潔感と整理整頓がゆきとどいていること」なのです。

関連記事

  1. 年度報告書の作成を
  2. 個別指導の限界
  3. 教室運営活性化とは③「問い合わせがないから仕方ないは罪」
  4. 雑談雑考;塾生募集の要諦③
  5. 雑談雑考:学習塾経営の成否を分けるのは・・・・・
  6. 教室運営活性化1-①「教室責任者(塾長・教室長)の能力向上;入塾…
  7. 授業家と事業家
  8. 教務力から人格の向上へ

ブログカレンダー

2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近の記事

  1. *

アーカイブ

PAGE TOP