学習塾哀歌

学習塾哀歌

ちょっと古いですが玉置浩二の「ワインレッドの?」
も?っと生徒が来てくれたら…
ず?とっ塾生がいてくれたら…
笑顔でいつも生きていられるのに?
理想の指導も 理念も 塾生いなけりゃ ただの戯言
消えそうな 静かな教室は もういやだ
・・・・・・
笑えない現実であり、事実があちらこちらにあります。
なぜ、そうなのか?
それは、画一的な塾経営をしているからです。

関連記事

  1. ホームページの有効活用を
  2. これからの生き残る学習塾経営④
  3. 「学習塾経営・教室運営」について⑫
  4. 6月でも入塾する方法
  5. 家庭内学習教室について:ご質問ベスト3のご回答
  6. 雑談雑考;学習塾の将来性①
  7. 教室運営活性化とは⑥「ダメなものはダメを認めること」
  8. 学習塾の独立開業・起業・開校を成功させるには⑱

ブログカレンダー

2022年7月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP