「学習塾経営・教室運営」について⑫

多くの塾では、「商品開発」を中々できない・しないものです。
現在の指導が一番いいから?
果たしてそうでしょうか…退塾はどこの塾でもあることですがその理由が「指導内容」の因るものであれば新たな講座や指導内容を考えるべきです。
また、ニーズの掘り起こしとして講座を考えることは他塾との差別化にもなります。
新たな講座や指導内容は、日常のカリキュラムで行う前に「講習会でやってみる」ことをお勧めします。理由は、「ウケるかウケないか、図る機会を創る」ことが必要だからです。

関連記事

  1. 雑談雑考;乱塾時代の学習塾成功法はあるのか?
  2. 教室展開⑥:時間講師だけで運営できるか?
  3. 学習塾経営:出張セミナーキャンペーン
  4. これから生き残る学習塾経営②
  5. 事業部・会社として学習塾を成功させるためには、フランチャイズ加盟…
  6. 雑談雑考;新年を迎えるにあたり「学習塾の将来性①」
  7. 雑談雑考:学習塾経営(開業)を知る
  8. 差別化するなら商品開発を

ブログカレンダー

2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近の記事

  1. *
  2. *

アーカイブ

PAGE TOP