学習塾の独立開業・起業・開校を成功させるには⑮

学習塾の対象学年は、一般的には小学生・中学生が多いでしょう。(高校生を対象に「できる」場合は、間口が広がることと公立高校生の補習をしている塾が少ないことから塾生の確保がしやすい。)
小学生・中学生の塾生構成割合は、中学生が多くなります。月謝が安い小学生の方が集めやすい印象を持つ方もいらっしゃいますが現実は、「習い事(公文式も入る)」にはお金を出すが塾には「出し切れない」実際です。
結果、小学生はあまり「当てにせず」中学生を集められる運営内容にすることが成功する為の戦術の一つになります。

関連記事

  1. 塾長(だったとき)日記;ある中1生の話
  2. 個別指導塾のこれから⑦
  3. 教室展開⑨:複数教室展開と多教室展開
  4. 夏の雑考雑談⑨;学習塾の開業・起業・開校の成功確率の一考察(2)…
  5. 授業家と事業家
  6. 学習塾成功法⑧
  7. これからの生き残る学習塾経営③
  8. 教室運営活性化とは⑧「論理的思考を助けるツールの活用」

ブログカレンダー

2021年4月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP