学習塾の独立開業・起業・開校を成功させるには⑮

学習塾の対象学年は、一般的には小学生・中学生が多いでしょう。(高校生を対象に「できる」場合は、間口が広がることと公立高校生の補習をしている塾が少ないことから塾生の確保がしやすい。)
小学生・中学生の塾生構成割合は、中学生が多くなります。月謝が安い小学生の方が集めやすい印象を持つ方もいらっしゃいますが現実は、「習い事(公文式も入る)」にはお金を出すが塾には「出し切れない」実際です。
結果、小学生はあまり「当てにせず」中学生を集められる運営内容にすることが成功する為の戦術の一つになります。

関連記事

  1. 「学習塾経営・教室運営について」③
  2. 学習塾開業を検討されている方々へ:後悔する前に無料相談を!
  3. 雑談雑考;中高年世代が成功する方法
  4. 雑談雑考;フランチャイズ学習塾のあれこれ②
  5. 家庭内学習教室について:ご質問ベスト3のご回答
  6. 夏の雑考雑談①;学習塾業界とは…
  7. 雑談雑考:伸びている塾は何が違うのか?
  8. これからの生き残る学習塾経営⑦

ブログカレンダー

2020年5月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP