学習塾の独立開業・起業・開校を成功させるには⑮

学習塾の独立開業・起業・開校を成功させるには⑮

学習塾の対象学年は、一般的には小学生・中学生が多いでしょう。(高校生を対象に「できる」場合は、間口が広がることと公立高校生の補習をしている塾が少ないことから塾生の確保がしやすい。)
小学生・中学生の塾生構成割合は、中学生が多くなります。月謝が安い小学生の方が集めやすい印象を持つ方もいらっしゃいますが現実は、「習い事(公文式も入る)」にはお金を出すが塾には「出し切れない」実際です。
結果、小学生はあまり「当てにせず」中学生を集められる運営内容にすることが成功する為の戦術の一つになります。

関連記事

  1. 目標設定の重要性
  2. これからの生き残る学習塾経営⑩
  3. ホームページの有効活用を
  4. 雑談雑考:入試改革と個人経営塾の行く末を考える
  5. 学習塾開業・起業;成功例ダイジェスト
  6. 雑談雑考;十人十色の学習塾成功法
  7. チラシの反応が鈍い…のは事実です。
  8. 安価で使えるコンサルティング;レインボー倶楽部

ブログカレンダー

2022年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP