「学習塾経営・教室運営について」③

「学習塾経営・教室運営について」③

新年度を迎え、主に小・中学生対象の場合、中学3年生の穴埋めに新規入塾生を募ることが一大仕事になります。4月を迎え「思うように集まらない。」場合でも特段に落ち込む必要もない現況があります。なぜなら、3月にこぞって塾に入る時代は今や昔の話で、「毎月、毎月」入塾の機会を創れる昨今です。
闇雲にチラシやポスティングをするのではなく、フォーカスを絞って、ニーズに合った紙面創りをすることで新規入塾生は集められます。

関連記事

  1. 夏の雑考雑談⑦;学習塾の存在意義
  2. パンドラの箱
  3. 雑談雑考:「学習塾成功の本質」
  4. なぜ、成功する学習塾を「創成」なのか?
  5. 雑談雑考:入試改革と個人経営塾の行く末を考える
  6. 学習塾のホームページの有効性⑤
  7. 2教室目が失敗するワケ
  8. 番外編;複数教室展開の必要性

ブログカレンダー

2022年5月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP