年度報告書の作成を

こんにちは。
3月には、毎年「年度報告書」をご家庭に提出している塾は意外に少ないようです。
個人塾でも出されることを勧めます。
内容は、今年度の進学結果(中受・高校受験・大学受験)偽りなく正直にです。
内部生向けの書面ですから守秘義務の問題は薄れますが「各家庭にお伺いをして」紹介してください。
次に、今年度の受験を振り帰り(塾長の意見や印象)
新年度の展望
プラス、新講座の案内や紹介特典など
です。
年度報告書は、保護者への信頼の証であり、これも出せないような塾は、たとえ授業の質が良いと自負していても近い将来、塾生が集まらなくなります。
また、月例連絡は言わずもがな、毎月の塾からの「新聞や通信」は今や塾経営では常識です。

関連記事

  1. 番外タイトル:アナログとデジタル
  2. 教室運営活性化とは⑧「論理的思考を助けるツールの活用」
  3. 雑談雑考;中高年の引きこもりの方々へ
  4. お知らせ:キャンペーンの終了
  5. 準備が遅い
  6. 個別指導塾のこれから⑥
  7. 学習塾の独立開業・起業・開校を成功させるには⑩
  8. 教室運営活性化1-①「教室責任者(塾長・教室長)の能力向上;入塾…

ブログカレンダー

2021年9月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP