等身大を認めることから全てが始まる

教務に自信のある塾長の方、募集に自身がある方、保護者対応なら…、これを(教材に)使っているから 等々自塾に「自信を持つこと」は大切なことです。

しかしながら、このようなことを うまく表現していかないと 傲慢さやニーズに合わない教務内容、相談に対して持論を押し付けることになりかねません。

これでは、面倒見がいいとか、親身の指導ですとか、一人ひとりに合わせた指導ですとか…全部「飛んで」しまうのです。

自信と傲慢、検挙と卑屈 似て非なるものです。

市場環境が厳しいといいますが、実際 具体的にどのように「何が厳しい」のでしょうか?

これは、立地や教務内容、市場の保護者の教育意識のレベル、収入などなど 「塾」によって違うのです。

まず、自塾が どうみられるのか(みられているのか)分析し、「できること」は何か をよく考えることです。

差別化戦略とよく言いますが、大手のそれとは個人塾の場合は違うのです。

プロモーション、ホームページの内容、チラシ創り、電話応対、保護者対応、教務内容…ありとあらゆることをまずは、「強みと弱みの分析」をしなければなりません。

全ては、ここから始まるのです。

関連記事

  1. 教室運営活性化とは⑥「ダメなものはダメを認めること」
  2. 学習塾経営について⑧
  3. 心機一転の大切さ
  4. これからの生き残る学習塾経営⑩
  5. 番外タイトル:塾コンはなぜクライアントを明かさないのか?
  6. 特番;脱サラ&副業で学習塾を起業・開業する場合について
  7. 雑談雑考:学習塾経営に向いている人とは…
  8. 学習塾成功法⑥

ブログカレンダー

2019年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP