コンサルタントは 必要悪か?

はい…そうです。これは、塾業に関わるコンサルタントのことです。
なぜなら、塾そのものが必要悪であるからです。
必要悪とは、「無い方がいいが、なくては困る存在」です。
つまり、塾が必要悪である以上、塾専門のコンサルタントは存在しないと困ります。
では、コンサルタントの存在意義は?
塾の経営は、今や「うまみ」はありません。
知識の切り売りだけでは、サービスとしては最低で、付加価値が無ければ経営できない現状があります。
しかしながら、経営リスクの少なさ、誰にでも開業できること、自己実現の一つの職業であることは間違いありません。
私たちは、「現場を知り尽くした塾屋」であり、塾経営を知り尽くした経営者であり、経験と理論に裏打ちされたコンサルタント集団です。
今や塾経営は「素人」では成功しないと断言します。
そして、私たちは、コンサルタントではなく、サポーターであり、番頭であることが本来の立場なのです。

関連記事

  1. 雑談雑考:学習塾経営に未来はあるか?
  2. 雑談雑考;成功する塾長は信念と経営戦略の両輪が必要
  3. ホリデイ・ブレークの雑談;ある学習塾開業者A氏の話
  4. 集まる学習塾に変革しませんか?
  5. 学習塾の独立開業を成功させるには②
  6. 雑談雑考:伸びている塾は何が違うのか?
  7. 学習塾経営“無料”説明会のお知らせ
  8. 雑談雑考:入試改革と個人経営塾の行く末を考える

ブログカレンダー

2021年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP