パンドラの箱

学習塾業界は、特に神奈川県内は、学習塾業にとってのパンドラの箱の蓋を何年も前に開けてしまいました。
月謝のダンピングと無料受講です。
ソフトを商品として扱う経営では、価格競争は底なしです。
迎合しての価格合戦をするのではなく、価格を下げなくとも「評価される」塾体質を創ることがこれから(価格破壊に迎合していない成功塾は今もちゃんとありますが)の重要な戦略のひとつです。

関連記事

  1. 指導理念は、飾りか?
  2. 自塾が誇れるモノとは?
  3. 学習塾開業成功事例;未経験・脱サラ・45歳・4人家族
  4. 人材育成の大切さ
  5. 上手くいったら…は,ダメです
  6. 新商品開発の大切さ
  7. ダメ塾長とは…
  8. 学習塾成功法②

ブログカレンダー

2020年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP