パンドラの箱

学習塾業界は、特に神奈川県内は、学習塾業にとってのパンドラの箱の蓋を何年も前に開けてしまいました。
月謝のダンピングと無料受講です。
ソフトを商品として扱う経営では、価格競争は底なしです。
迎合しての価格合戦をするのではなく、価格を下げなくとも「評価される」塾体質を創ることがこれから(価格破壊に迎合していない成功塾は今もちゃんとありますが)の重要な戦略のひとつです。

関連記事

  1. 集まる学習塾に変革しませんか?
  2. 雑談雑考:入試改革と個人経営塾の行く末を考える
  3. 教室展開⑪:なぜ必要なのか
  4. 塾生を集める方法⑤
  5. 2教室目が失敗するワケ
  6. GW特集;学習塾の実際「現場で起こる悲喜交々③」
  7. 特番;脱サラ&副業で学習塾を起業・開業する場合について
  8. 雑談雑考;学習塾のホームページについて②

ブログカレンダー

2020年11月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP