パンドラの箱

パンドラの箱

学習塾業界は、特に神奈川県内は、学習塾業にとってのパンドラの箱の蓋を何年も前に開けてしまいました。
月謝のダンピングと無料受講です。
ソフトを商品として扱う経営では、価格競争は底なしです。
迎合しての価格合戦をするのではなく、価格を下げなくとも「評価される」塾体質を創ることがこれから(価格破壊に迎合していない成功塾は今もちゃんとありますが)の重要な戦略のひとつです。

関連記事

  1. 学習塾成功法⑥
  2. GW特集;学習塾の実際「主婦の井戸端会議から」
  3. 学習塾哀歌
  4. ホームページの有効性④
  5. 窶「窶「学習塾の起業・開業・開校のために⑨(教室を増やす)
  6. 学習塾の起業・開業・開校のために①
  7. 教室展開⑪:なぜ必要なのか
  8. 学習塾専門コンサルタント養成講座について

ブログカレンダー

2022年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP