学習塾経営について⑥

学習塾経営について⑥

複数教室展開を成功させるには、「自身の分身教室長を創ろうとしないこと」です。
なぜなら、塾長の意識と教室長の意識には「埋めようにも埋められない」差があるからです。
然るに、教室長には「能力に見合った」教務内容と教室運営を考えるべきなのです。
但し、本部教室としての位置づけで塾長主導の教室があり、その近隣(スープが冷めない距離)に文教室として展開する場合はその限りではありません。

関連記事

  1. 教室運営と学習塾経営
  2. キャンペーン実施中!「学習塾開業希望者の為に」
  3. これからの生き残る学習塾経営⑦
  4. 学習塾の開業・起業・開校;“成功する為の”夏の無料個別相談会実施…
  5. これから生き残る学習塾経営②
  6. GW特集;学習塾の実際「現場で起こる悲喜交々③」
  7. 「学習塾経営・教室運営について⑦
  8. 夏のキャンペーン:ご説明「多い質問の御回答」

ブログカレンダー

2022年7月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP