学習塾経営について⑥

複数教室展開を成功させるには、「自身の分身教室長を創ろうとしないこと」です。
なぜなら、塾長の意識と教室長の意識には「埋めようにも埋められない」差があるからです。
然るに、教室長には「能力に見合った」教務内容と教室運営を考えるべきなのです。
但し、本部教室としての位置づけで塾長主導の教室があり、その近隣(スープが冷めない距離)に文教室として展開する場合はその限りではありません。

関連記事

  1. 学習塾成功法⑧
  2. ホリデイ・ブレークの雑談;ある学習塾開業者A氏の話
  3. 必ず失敗する塾経営者
  4. 学習塾開業成功事例:32歳・SE・独身
  5. セルフチェック診断のご紹介
  6. 夏期講習で+10名
  7. 学習塾成功法⑬
  8. 夏の雑考雑談⑧;学習塾の開業・起業・開校の成功確率の一考察(1)…

ブログカレンダー

2021年2月
« 1月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP