学習塾経営について⑥

複数教室展開を成功させるには、「自身の分身教室長を創ろうとしないこと」です。
なぜなら、塾長の意識と教室長の意識には「埋めようにも埋められない」差があるからです。
然るに、教室長には「能力に見合った」教務内容と教室運営を考えるべきなのです。
但し、本部教室としての位置づけで塾長主導の教室があり、その近隣(スープが冷めない距離)に文教室として展開する場合はその限りではありません。

関連記事

  1. 新商品開発の大切さ
  2. * 特番;学習塾経営・開校・開業「学習塾経営の現実①;保護者対応の愚…
  3. 事業部・会社として学習塾を成功させるためには、フランチャイズ加盟…
  4. 教室展開⑥:時間講師だけで運営できるか?
  5. 個別指導塾のこれから⑨
  6. 夏のボーナス・キャンペーン
  7. キャンペーン実施中!「学習塾開業希望者の為に」
  8. 学習塾成功法②

ブログカレンダー

2020年11月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP