学習塾経営について④

プレイングマネージャー型個人塾経営の最大の問題は、「1教室は上手くいくが…」です。
加齢と共に、気力・体力が落ちていきますから往年の「熱意ある指導」ができなくなる。
当たり前の話ではありますが、「運営体力があるうちに」複数教室展開をすることが必要です。
しかしながら、「成功している」ほどに、複数教室展開に踏みきれない。
自分と同じにできないだろう…がよぎり、リスクテーキングから逃げてしまうのです。
発想を変えて見てはどうでしょう?
自分が運営している「教室」とは「別の中身の教室」を展開する。
授業家から事業家への脱皮が必要です。

関連記事

  1. 番外編;複数教室展開の必要性
  2. 学習塾はサービス業か?
  3. 教室運営活性化のススメ;無料「現状分析」のお知らせ
  4. 教室運営活性化とは⑥「ダメなものはダメを認めること」
  5. お問合せの多い質問①
  6. * 特番;学習塾経営・開校・開業「学習塾経営の現実①;保護者対応の愚…
  7. 教室運営活性化1-①「教室責任者(塾長・教室長)の能力向上;入塾…
  8. 雑談雑考;フランチャイズ学習塾のあれこれ②

ブログカレンダー

2021年1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP