雑談雑考:塾生募集「チラシの反応が悪い場合はどうすればいいのか?」

フルカラーで説明も盛りだくさん…なのに、どうして問い合わせがないのか?

と、悩んでいる塾長がたくさんいらっしゃいます。

塾業界の常識では

新聞や地域情報誌の折込の場合で「10,000枚で1件」、業者ポスティングの場合で「3,000枚で1件」

あれば、アタリチラシと言われる昨今です。

と言われても、1回の配布で印刷・配布料数万円をかける価値があるとは言い難い現実でしょう。

【1,000枚で反応1件以上のチラシだってあるのです!】

そもそも、チラシの目的はなんなのでしょうか?

そんなことは当たり前でしょ!「入塾させる」ためでしょ。

と、お考えの方は全く間違っています。

チラシの目的は「問合せを募る」ことです。

問い合わせを目的にする内容とは

◎情報過多にしない。→盛りだくさんの情報は「聞くことがなくなるので」問い合わせにならない。

◎他塾と何がどう違うのか明確な内容。→個別指導、面倒が良いなどでは全く差別化にならない。

◎そもそも、手にとって見てもらう工夫が必要。→メニューチラシや一般的な大手塾の真似をしてもダメ。

加えて、配布の方法や時期も反応に大きく影響します。

反応率が高いチラシとはどう創ったらいいのか? 塾生をもっと集めるにはどうしたらいいのか?

塾コンなんでも質問箱」のご活用も一考かと存じます。

関連記事

  1. ダメ塾長とは…
  2. 窶「学習塾のホームページの有効性③
  3. 教室展開⑧:目からうろこの教室展開
  4. 学習塾の独立開業・起業・開校を成功させるには⑧
  5. 新年のご挨拶
  6. 新タイトル「学習塾経営・教室運営について」①
  7. 雑談雑考:石を投げれば学習塾
  8. 番外編;複数教室展開の必要性

ブログカレンダー

2020年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP