学習塾経営について②

・・・続き。
オーナー塾長は経営者一本の思考ですから塾生の成績が悪かろうが高校に合格しなかろうが知ったこっちゃないです。
あるオーナー社長は、「私が一番嫌なのは、合格発表で合格した時です。」とまで言い放ちます。
なぜなら、卒塾するから。
少なからず、講師経験があれば「一番の嬉しい」報告でしょう。
オーナー経営者の心情は必ず「部下に」伝わります。時間がかかっても…
すると殺伐とした空気の「塾生集め」目的の下種な塾に成り下がります。
その行く先は?

関連記事

  1. 教室展開⑥:時間講師だけで運営できるか?
  2. これからの生き残る学習塾経営⑪
  3. 個別指導塾のこれから⑨
  4. 雑談雑考;十人十色の学習塾成功法
  5. 「学習塾経営・教室運営について⑥
  6. 夏の雑考雑談⑤;成功する学習塾経営にはナビが必要
  7. GW特集;学習塾の実際「現場で起こる悲喜交々③」
  8. 学習塾成功法①「塾名」

ブログカレンダー

2021年6月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP