生き残る塾が「勝つ」

近隣塾に勝つことよりも、生き残るための戦略・戦術が重要です。
大手・中堅塾との差別化が大切と言われますが、具体的にどうすればいいのか?
できないままに、時間が過ぎていくのが多くの塾の現実です。
差別化を具現化する難しさは、「勝とう」とするところにあります。
共存関係、補完関係という視点に立てば、「自塾」ができることが具体的に考えやすいものです。
生き残ることは、他塾が廃業することで、結果「勝つ」ことになるのです。

関連記事

  1. 教室運営活性化とは②「マンネリの打破」
  2. 学習塾開業成功事例;未経験・脱サラ・45歳・4人家族
  3. 自塾が誇れるモノとは?
  4. 「学習塾経営・教室運営」について⑨
  5. 教室展開⑪:なぜ必要なのか
  6. 雑談雑考:学習塾経営の成功は一様ではない
  7. 学習塾の独立開業を成功させるには⑦
  8. 雑談雑考;塾生30名で損益分岐点が成否のカギ

ブログカレンダー

2021年3月
« 2月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP