雑談雑考:伸びている塾は何が違うのか?

雑談雑考:伸びている塾は何が違うのか?

学習塾と一言で言っても様々に容態は違います。

○自身が指導に携わりつつ、講師も使い運営する個人塾

○オーナーとして現場には関わらず教室長を雇用して経営する

○年齢と家族の有無

○ベテラン塾長とビギナー塾長

安定的に教室運営をしている、伸びている「塾」に共通していることは

近隣の他塾とは違う「何かかがある」ことです。

敢えて、「何か」と表現するのは、それは一様ではなく「他塾ができないこと・していないことで、できること」をしているということなのです。

ある塾では、商品品目をたくさん作っています。

ある塾では、指導時間が長い。

ある塾では、家庭学習の内容まで仔細に指導。

ある塾では、精神面のサポートに心を砕いている。

ある塾では、保護者に対して信頼を作る努力が地域一番。

ある塾では、何を聞かれても即答する教務力がある。

ある塾では、テスト慣れさせる為のカリキュラムに重きを置いている。

ある塾では、小学低学年生の募集に力を入れている。

ある塾では、中3生が塾生の8割占めるようにしている。

一様ではないこと、即ち「個性化と独自性」が成功のカギなのです。

 

関連記事

  1. 2教室目が失敗するワケ
  2. 教室運営活性化とは④「マンパワーの向上が一番重要」
  3. 雑談雑考;コロナ渦の学習指導と塾生増加の理由
  4. 雑談雑考:学習塾経営の成功は一様ではない
  5. これからの生き残る学習塾経営⑦
  6. 経営者はバランス感覚が大切
  7. 学習塾のホームページの有効性①
  8. 学習塾成功法⑨

ブログカレンダー

2022年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP