雑談雑考:塾生は、何年在籍するのか?

塾生が何年いますか?…入塾してから卒塾するまでの年数です。

対象学年が小学生・中学生迄、高校生迄か、により変わるのは当然ですが、

小・中学生対象の塾の場合、現在の一般的在籍年数は2年と言われています。

以外に少ないとお感じの塾長は「マトモ」です。

この2年という期間は、小学生が集まりにくい(ロボット教室やそろばん教室併設の塾の場合は、当該生は塾生に入れないで)昨今、また、中学2年生の後半や中学3年生から塾に通う場合が多くなったことからの数値でしょう。

毎年、安定的に運営している塾の場合、通塾年数は凡そ3年から5年が平均的な在籍期間です。

因みに私が「塾屋さん」だった時は、平均5年で8年生や9年生も少なくありませんでした。もっとも、高校生までいましたが。

偉そうな自慢ではなく、在籍年数が長い塾には共通した理由があります。

○塾というよりも塾長(教室長)のファンが「最低でも塾生の三分の一」はいる。

○成績が上がる。(当たり前ですが)

○たとい、成績が上がらなくとも塾に来ている価値を見出している(子も親も)。

○チラシやポスティングに頼らない塾生募集。

○教務指導と精神的な成長を促すサポートのバランス良い。

○教室運営が計画的。

○自塾ならではの強みがある。(地域で認知されている。)

どうでしょう…少しばかり参考になれば幸いです。

余計なお世話と存じますが、もしも「気になる」様でしたら、こちらを観てみてくださませ。

 

関連記事

  1. 春期講習会を無料にしてはいけません。
  2. 夏の雑考雑談⑤;成功する学習塾経営にはナビが必要
  3. 職人技と差別化の違い
  4. 雑談雑考;学習塾経営の成功と失敗を分けるものがある
  5. 雑談雑考:伸びている塾は何が違うのか?
  6. 塾長だった時日記②;塾生が集まらない教室
  7. 学習塾専門コンサルタント養成について
  8. 窶「窶「学習塾の起業・開業・開校のために⑨(教室を増やす)

ブログカレンダー

2020年7月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP