番外タイトル:塾コンはなぜクライアントを明かさないのか?

番外タイトル:塾コンはなぜクライアントを明かさないのか?

営業的見地から見れば実績を固有名詞を上げて紹介すること、○○塾、□□塾・・・はこんない伸びています、等々の実績を明言することが望ましいことは百も承知なのです。また、ネット上のPR専門サイトで「好評」であることをコマーシャルする方法もあります。
でも、しませんしクライアントの固有名詞は決してあげません。
塾コンは「円の下の力持ち」であり、「黒子」である・・・塾長が主体であり、塾コンがPRに使うことは決してあってはならないからなのです。
営業的にはマイナスですが、私たちは関わる塾の成功に貢献し続けていますし、新規開業・開校クライアントの失敗は皆無です。

関連記事

  1. 集まる学習塾に変革しませんか?
  2. 中高年学習塾開業成功事例;56歳・メーカー勤務・妻子有
  3. セルフチェック診断のご紹介
  4. 雑談雑考;ある日の授業での出来事「ポンコツ先生と良い先生の対応の…
  5. 学習塾成功法⑮
  6. 雑談雑考:塾生は、何年在籍するのか?
  7. これからの生き残る学習塾経営④
  8. 中学三年生の継続通塾をするには…

ブログカレンダー

2022年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP