個別指導塾このこれから⑤

大手進学塾も個別指導に手を広げています。
早稲アカは明光とタイアップ、市進の個太郎塾、アップ個別館等々全国的にも老舗の進学塾で個別指導をしていますが以外に「集まっていない」現実があることを知らないかもしれません。
その理由のひとつは「飽きられた」です。
F.C、大手塾、個人塾、パソコン塾…個別 個別 個別。
乱暴な言い方ですが「外から見れば、皆同じ」でしょう。
乱塾の極みです…そんな状況でも「生き残っていける」塾にするには
ターゲットを絞る。
指導内容を充実させる。
独自の教材(何も立派な教材でなくともイイのです。)
学習意欲を高める工夫
これらが個別指導塾が生き残るためには必要です。

関連記事

  1. 塾生募集の虎の巻③「鳴かず飛ばずの折込チラシ」
  2. 雑談雑考:塾生は、何年在籍するのか?
  3. 教室運営活性化とは⑤「改善の一歩は閉塞感の払拭」
  4. 学習塾成功法⑧
  5. 塾内講演会の勧め
  6. これからの生き残る学習塾経営⑪
  7. 雑談雑考:老後の安定収入の一考察
  8. 学習塾開業;優良教室譲ります(名古屋・岐阜方面の方)

ブログカレンダー

2021年7月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP