雑談雑考:夏の思い出①「心頭滅却すれば火もまた涼し?」

「先生~、心頭滅却すれば火もまた涼しって、どう言う意味ですか~?」

何でもかんでも聞かないで、先ず自分で考えてごらん…

「先生、知らないんじゃない?」

知ってるよ、そうだな…今の君のことに近いなあ~

「エッ、・・・・・・解った!クソ暑い夏休みに学校の宿題をやるのは大変だって意味だ!」

(笑う)近いといえば近いなあ、苦しいことも心の持ちようで、耐えられるって意味だよ。

「合ってんじゃん」

こんな陽気なおバカさんが、一生懸命に勉強して翌年横浜国立大学に合格。高校の先生になったことを思い出します。

「いいかみんな!心頭滅却すれば火もまた涼しだ…辛いことや苦しいことこそ頑張る価値があるんだぞ。」なんて授業で言っているらしいのを耳にすると「クスっと」笑いがこみ上げるのと少しばかり嬉し涙が出る十数年前の思い出です。

 

 

関連記事

  1. 夏の虫と学習塾
  2. 雑談雑考;中高年世代が成功する方法
  3. 準備が遅い
  4. 感受性欠如の悲劇
  5. これからの生き残る学習塾経営④
  6. GW特集;学習塾の実際「現場で起こる悲喜交々①」
  7. 初めは10坪から…
  8. 波のない塾経営体質に

ブログカレンダー

2019年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP