窶「学習塾のホームページの有効性③

一般の学習塾のホームページは「つまらない」の一言に尽きます。
ホームページはエンドユーザーとの接点であり、購買意欲(入塾への扉)をそそらなければ意味がありません。
メニューの説明
お仕着せの(塾長は気分がいいかも?)理念
塾の自慢=自画自賛
「こんなもん」見ても・・・つまらない~
のホームページだらけです。
購買意欲をそそる=入ってみたいな~の内容にしなければ意味がありません。

関連記事

  1. 学習塾哀歌
  2. 心機一転の大切さ
  3. これからの生き残る学習塾経営⑤
  4. 授業家と事業家
  5. 初めは10坪から…
  6. 教室運営活性化とは⑦「新商品開発と独自性」
  7. 6月でも入塾する方法
  8. 学習塾は、本業として生業として成り立つか?

ブログカレンダー

2019年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP