窶「学習塾のホームページの有効性③

一般の学習塾のホームページは「つまらない」の一言に尽きます。
ホームページはエンドユーザーとの接点であり、購買意欲(入塾への扉)をそそらなければ意味がありません。
メニューの説明
お仕着せの(塾長は気分がいいかも?)理念
塾の自慢=自画自賛
「こんなもん」見ても・・・つまらない~
のホームページだらけです。
購買意欲をそそる=入ってみたいな~の内容にしなければ意味がありません。

関連記事

  1. 個別指導の限界
  2. 番外タイトル:塾コンはなぜクライアントを明かさないのか?
  3. 教室展開①:上手くいっている塾でも・・・
  4. 学習塾哀歌
  5. パンドラの箱
  6. 雑談雑考;塾生30名で損益分岐点が成否のカギ
  7. 教室運営活性化とは⑨「時間講師の質の維持・向上がカギ」
  8. 雑談雑考:学習塾経営の成否を分けるのは・・・・・

ブログカレンダー

2021年8月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP