雑談雑考;塾生30名で損益分岐点が成否のカギ

塾長として教室運営に関わり、教務指導をする場合(塾コンではプレイングマネージャー型と言います)に限らず、教室長を雇用しオーナーとして経営する(オーナー型)にしても塾生30名で損益分岐点※にすることが鉄則です。

※1.プレイングマネージャー型;塾生30名で月報酬20万円~25万円確保

※2.オーナー型;塾生30名で最低でも赤字にはならない

なぜなら、少子化乱塾の市場環境下では、パイの取り合い状況であり1教室で50名以上の塾生数を確保することは無理ではないにしても、とても大変なことだからです。

「オーナー型で塾生が60名や月売上げ80万円でも純利が殆どでない実例」

「年収が500万円未満のプレイングマネージャー型の塾長」

塾コンは、あってはならない現実だと思います。

 

 

 

 

関連記事

  1. チラシの反応が鈍い…のは事実です。
  2. 個別指導塾のこれから⑥
  3. 差別化するなら商品開発を
  4. 雑談雑考:どんな塾が「今」ウケているのか?
  5. 学習塾経営・開業の鉄則②
  6. これからの生き残る学習塾経営⑤
  7. 言うのは易し…
  8. 塾生はいつでも入るが、入れる努力が足りないのです…①

ブログカレンダー

2021年10月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP