雑談雑考;年収500万円稼げているか?

自身が教務指導を行うプレイングマネージャー型の学習塾経営者であれば年収が500万円以上でなければ「おかしい」と思います。

これは、家族がいらっしゃれば最低年収と言えます。

また、独身の方であれば「身軽な生活環境」ですから、それ以上に稼ぐこともできているはずです。

かくして、開校・開業から2年を経て「500万円未満」であれば、経営が上手くいっていないことになります。

事例;アベレージ塾生数35名・月謝単価;@1.5万円(小学生・中学生)

(月の月謝売り上げ;52.5万円) - (月の支出;約20万円)= 月収;32.5万円・年収390万円

年間の講習会・入試対策及び入会金等の収入;約100万円~150万円の+ ⇒ 結果年収500万円

これは、塾コンサポートで経営している凡そ4割の学習塾の実態であり、残りの6割は「500万円以上の年収を確保」しています。

翻れば、年収500万円を得ることは、それほど大変なことではありません。

もしも、貴方が年収500万円を得られていないならば、必ず原因がありそれを解決することが早急に必要です。

塾生が集まらない理由

塾生が退塾してしまう理由

口コミが出ない理由

経費倒れの理由

学習塾は、地域貢献性が高く自己実現できる素晴らしい仕事ですから「ちゃんと稼げる塾長」であるように願ってやみません。

※経営が上手くいっていないならば、是非とも「レインボー倶楽部」を覗いてみてください。

塾コンは、「善き塾長が良き塾を運営する」サポートをモットーとしています。

関連記事

  1. 中高年の学習塾開業講座③「失敗は許されない」
  2. 雑談雑考:夏の思い出②「24時間マラソン勉強会」
  3. 雑談雑考:学習塾経営者の成功する資質、似て非なる「頑迷」と「信念…
  4. なぜ、成功する学習塾を「創成」なのか?
  5. 学習塾成功法⑭
  6. 雑談雑考:学習塾成功の成否を分けるのは?①
  7. 雑談雑考;個人塾経営の将来設計①
  8. 新学期に向けて・・・新入塾生募集を

ブログカレンダー

2019年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP