差別化するなら商品開発を

こんにちは。学習塾経営の本質はもちろん「学力向上」です。しかしながら、今や、フランチャイズ、個人経営塾、学習塾の開業・開講・開校が多く、加えて、中堅・大手塾の新規開校教室と続き 乱立状態です。果たして、教務内容の差別化は簡単にはできないでしょう。
そこで考えるべきは、教務内容の商品ラインナップの強化と学習指導以外の商品開発をすることです。誤解されては困るので、説明をしますがあくまで「学習指導は主幹」であり、「枝葉の部分」的商品の開発をするという意味です。

関連記事

  1. 学習塾のホームページは死んでいる?!
  2. 塾長(だったとき)日記;ある中1生の話
  3. 雑談雑考;塾生募集の要諦②(学習塾開業・開校当初のチラシ)
  4. 雑談雑考:「口だけのコンサルティングか?」
  5. なぜ、成功する学習塾を「創成」なのか?
  6. 夏の雑考雑談⑤;成功する学習塾経営にはナビが必要
  7. 塾長・経営者の熱意や言うことをそのまま伝えようとすることが間違っ…
  8. 窶「学習塾のホームページの有効性③

ブログカレンダー

2021年3月
« 2月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP