教室展開⑧:目からうろこの教室展開

現教室が順調で、特に塾長自身が講師を務めている場合は、副教室展開に二の足を踏みます。
果たして、同じ質を維持できるのか?
これが最大の悩みです。
ならば、違う教室を創っていく…逆転の発想です。
そして、現教室の売り上げで生計が成り立っているのですから,1教室からの純利は十数万で良いではありませんか?
そんな展開方法は如何でしょうか・・・・・

関連記事

  1. 夏の雑考雑談①;学習塾業界とは…
  2. 学習塾は、サービス業にしてサービス業に非ず
  3. 学習塾専門コンサルタント養成講座について
  4. 年相応の教務を
  5. 塾生を集める方法①
  6. 職人技と差別化の違い
  7. 学習塾成功法③「チラシ」
  8. 授業家と事業家

ブログカレンダー

2021年7月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP