教室展開④:二教室目を失敗する理由

特にプレイングマネージャ(講師も兼任)の塾長は、自分の管理する教室以外に教室展開をする場合に失敗する例が少なくありません。
理由の最たるものは
「自分と同じようにできない」
「言ったようにやれば良いだけなのに」
「熱意が足りない」
多くの塾長は「嘆き」ます。
ごもっともなのですが、これでは失敗します。
なぜなら、人は「あなたと違う」からです。
人材育成とは、自分ができることを他者に伝えることではありませんし、貴方のコピーを創ることなんて無理なのです。

関連記事

  1. 教室展開⑦:適材適所・適所適材
  2. 雑談雑考;ある日の授業での出来事「ポンコツ先生と良い先生の対応の…
  3. 夏期講習の内容は?
  4. これからの生き残る学習塾経営⑥
  5. 夏の雑考雑談②;学習塾で働く講師・教室長…
  6. 差別化とは
  7. 雑談雑考;新年を迎えるにあたり「学習塾の将来性①」
  8. 教室運営と学習塾経営

ブログカレンダー

2021年10月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP