教室展開④:二教室目を失敗する理由

特にプレイングマネージャ(講師も兼任)の塾長は、自分の管理する教室以外に教室展開をする場合に失敗する例が少なくありません。
理由の最たるものは
「自分と同じようにできない」
「言ったようにやれば良いだけなのに」
「熱意が足りない」
多くの塾長は「嘆き」ます。
ごもっともなのですが、これでは失敗します。
なぜなら、人は「あなたと違う」からです。
人材育成とは、自分ができることを他者に伝えることではありませんし、貴方のコピーを創ることなんて無理なのです。

関連記事

  1. 夏の雑考雑談⑥;毎年仕切り直しが学習塾の宿命ならば…
  2. これからの生き残る学習塾経営⑤
  3. ホリデイ・ブレークの雑談;ある学習塾開業者A氏の話
  4. ホームページの有効活用を
  5. 「学習塾経営・教室運営」について⑪
  6. 番外編;複数教室展開の必要性
  7. 教室運営活性化とは③「問い合わせがないから仕方ないは罪」
  8. 雑談雑考:塾生は、何年在籍するのか?

ブログカレンダー

2021年3月
« 2月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP