中学三年生の継続通塾をするには…

こんにちは。
塾生の対象学年は、何年生ですか?
通常、小学生・中学生が多いと思います。
高校生は、指導講師の工面が大変である、自ら教えられない、という理由でなかなか「手を出せない」と思います。
中学3年生が受験が終わり、卒塾してしまうとその人数分を「補てんする」ことがいつになるかでやきもきしてしまうでしょう。
半分でも「残って」くれたら、ずいぶんと経営が楽なはずです。
こうしたらいかがでしょう…
高校1年生の1学期までは、英語だけ或いは数学だけ、週1回指導する。
この程度であれば、まだまだ学習内容が易しいですか教えることも講師の工面も楽なはずです。
そして、夏までに「回復人数を確保」していくことです。

関連記事

  1. 雑談雑考:学習塾経営者の成功する資質、似て非なる「頑迷」と「信念…
  2. 番外タイトル:塾コンはなぜクライアントを明かさないのか?
  3. 雑談雑考;学習塾の将来性②「個人開業塾の未来は明るいか?」
  4. 夏の雑考雑談⑩;学習塾の起業・開業「月謝が画一的なフランチャイズ…
  5. 雑談雑考:学習塾成功のキモは個性化
  6. 学習塾経営を成功へ導くには
  7. 雑談雑考:夏の思い出①「心頭滅却すれば火もまた涼し?」
  8. 特番;学習塾の独立開業・起業・開校の前にすべきこと

ブログカレンダー

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

最近の記事

  1. *

アーカイブ

PAGE TOP