中学三年生の継続通塾をするには…

中学三年生の継続通塾をするには…

こんにちは。
塾生の対象学年は、何年生ですか?
通常、小学生・中学生が多いと思います。
高校生は、指導講師の工面が大変である、自ら教えられない、という理由でなかなか「手を出せない」と思います。
中学3年生が受験が終わり、卒塾してしまうとその人数分を「補てんする」ことがいつになるかでやきもきしてしまうでしょう。
半分でも「残って」くれたら、ずいぶんと経営が楽なはずです。
こうしたらいかがでしょう…
高校1年生の1学期までは、英語だけ或いは数学だけ、週1回指導する。
この程度であれば、まだまだ学習内容が易しいですか教えることも講師の工面も楽なはずです。
そして、夏までに「回復人数を確保」していくことです。

関連記事

  1. 2教室目が失敗するワケ
  2. チラシの反応が鈍い…のは事実です。
  3. チラシの反応を上げるには…
  4. 教室運営活性化とは⑨「時間講師の質の維持・向上がカギ」
  5. 個別指導塾のこれから⑩
  6. 学習塾のホームページの有効性②
  7. 緊急告知!コンサルタント養成講座「大幅受講料割引」
  8. 夏のボーナス・キャンペーン

ブログカレンダー

2022年5月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP