教室展開③:人材育成

先月、ある団体のセミナーを行いました。その団体の依頼は「教室長の育成」について話してほしい、ということでしたのでまずは「適(人)材の採用について」講演をしました。その一部をご紹介します。
教室長を雇用する場合に面談をするでしょう・・・明るい人、元気な人を採用しようとしますが「1回や2回の面談」で果たして人間理解ができるでしょうか?
物静かな人でも「熱き思い」の人もいますし、一見元気な人も「その場しのぎのカラ元気」も否定はできません。
できることなら、弊社で活用してるような「その人の持つポテンシャル」を測れる診断ツールを使うことを勧めます。
主観的経験値での判断に加えて、科学的見地からの情報が適する人材の雇用に繋がります。

関連記事

  1. 個別指導の講師はなぜ座っているの?
  2. 雑談雑考:現実的に塾生は何人集まるのか?
  3. 雑談雑考;ポスティング1,000枚で問い合わせ12件の訳
  4. 15周年記念キャンペーン第一弾:成功する学習塾開業・有効な学習塾…
  5. 個別指導塾のこれから③
  6. 雑談雑考;学習塾の将来性②「個人開業塾の未来は明るいか?」
  7. 学習塾経営について②
  8. 雑談雑考;中高年世代が成功する方法

ブログカレンダー

2021年6月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP