感受性欠如の悲劇

こんにちは。
やる気満々、熱意十分、自分ほど熱心に授業をしている人間はいないはず、子供のことを思う気持ちは絶対負けない…
なんて思うこと自体がおこがましいことに気づいていないならば、その方は「感受性欠如」です。
まず、「何との比較」でそう思うのでしょう?
授業内容や熱意…どうやって、図るのでしょう?
挙句に、躾や親の教育とまで「のたまう」…
全て、自己満足と自己美麗です。
今まで、多くの塾に関わってまいりましたが瞬間風速的には成功しても「長続き」した塾はありません。
自信はもっても傲慢はいけません。
謙虚さ重要であり、自画自賛は最低です。
学習塾は、信用されて入塾し、信頼になり継続していただきながら、月謝としての「お金」をいただく、たぐい稀な職種なのです。

関連記事

  1. 教室運営活性化とは⑤「改善の一歩は閉塞感の払拭」
  2. 年相応の教務を
  3. 目標設定の重要性
  4. ホリデイ・ブレークの雑談;ある学習塾開業者A氏の話 …終話
  5. クレームは宝物
  6. 夏の雑考雑談⑥;毎年仕切り直しが学習塾の宿命ならば…
  7. 夏期講習の内容は?
  8. お知らせ:コンサルティング・サービス地域及びエリア等について

ブログカレンダー

2021年6月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP