職人技と差別化の違い

こんにちは。
個人経営塾の生命線は、塾長のカリスマ性と言っても過言ではありません。
(講師のカリスマ性でもあります)
カリスマという言葉は、良く聞くと思いますが勘違いされている方がいらっしゃいます。
持って生まれた生来の能力でもありますが特に塾経営・教務に特化して説明すれば、
塾に対する思い入れ・情熱・熱意の表現
と言えば解りやすいでしょう。
講師や社員とココが一番違いますから、結果として
熱意ある指導や教師通運営
エネルギッシュな行動
説得力ある話しっぷり
となるわけです。
カリスマ性、カリスマの力は、えもいわれぬ説明不可能な能力ではなく、科学的分析が可能であり、カリスマ性を向上させることが可能なのです。
果たして、カリスマ性に偏った教務指導や教師通運営は、職人技となり、その日と個人でなければ「できない」となりますが、カリスマ性を一つの能力として捉えれば「誰にでも身に付けられる能力」であり、すなわち、他塾との差別化に繋がるのです。

関連記事

  1. 雑談雑考;学習塾開業は誰にでもできるが、誰もが成功するわけではな…
  2. 窶「学習塾のホームページの有効性③
  3. ホームページの有効活用を
  4. 学習塾の教室運営を職人技にしてはいけません
  5. 学習塾の独立開業を成功させるには⑦
  6. 生き残る塾が「勝つ」
  7. 個別指導塾のこれから①
  8. 教室展開②:なぜ「二の足を踏む」のか?

ブログカレンダー

2020年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP