波のない塾経営体質に

こんにちは。
受験も佳境に入り、教務に意識が集中してしまう時期ですが、経営者であることを忘れてしまう塾長もいらっしゃいます。
受験が終わり合格発表が終わってから、新年度生の募集を始める方が未だにいらっしゃるという意味です。
塾業は、自然に任せて経営していたのでは、3月に大きく塾生数が落ち込み、夏期講習で盛り返し、秋から冬にかけて塾生数のピークになる…これの繰り返しとなります。
毎年毎年、同じサイクルで塾生数が復帰すれば、平和な?経営が続きますが、市場環境の変化でそうはいきません。
重要なことは、塾生数に「増減の波を大きく作らない」ことです。
受験対象学年生の人数と他学年性のバランスを図る
受験生、卒塾生の人数分を卒塾する前に補てんする
そんなことは、無理?
学習塾経営を知らないからだ?
いいわけです。
学生アルバイト当時から、業界に30有余年生きてきた「体験者」の意見です。
無理なのではなく、思い込みと考えようとしないことが問題なのです。

関連記事

  1. 家庭内学習教室について:ご質問ベスト3のご回答
  2. 雑談雑考:学習塾経営に未来はあるか?
  3. 学習塾の独立開業を成功させるには⑤
  4. 教室運営活性化とは⑧「論理的思考を助けるツールの活用」
  5. 学習塾成功法⑨
  6. 感受性
  7. これからの生き残る学習塾経営④
  8. 学習塾成功法⑫

ブログカレンダー

2020年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP