雑談雑考;新年を迎えるにあたり「学習塾の将来性①」

雑談雑考;新年を迎えるにあたり「学習塾の将来性①」

今年は、公立中学校の教科書改訂年度です。

ゆとり教育から脱却し2回目の改訂、より一層の指導内容の増加と学力重視の傾向です。

学力格差は広がるのは必至で、学校の勉強だけでは理解不十分な子供がますます増える予想です。かくして、学習塾の必要性はニーズとしてますます高まるようです。然し乍ら、すべての学習塾が追い風ではありません。

指導内容、運営内容がしっかりした教室を創らなければ熟成が集まらない現実です。

●個別指導と言っても他塾と違う内容

●パソコン指導の場合は、内容がしっかりした教務とフォローアップ

●塾長としての経営能力と教室運営能力の充実

これら3点がますます問われることになります。

大手・中堅塾に負けない塾にするためには?

★新規開業して成功するためには?

充実したスタッフと他の追随を許さない塾コンの話を聞いてみるのも一考かと存じます。

関連記事

  1. 学習塾のホームページは死んでいる?!
  2. セルフチェック診断のご紹介
  3. 教室運営活性化1-①「教室責任者(塾長・教室長)の能力向上;入塾…
  4. 雑談雑考;生き残る=成功する為の「学習塾の商品開発」とは
  5. 経営者はバランス感覚が大切
  6. 雑談雑考:塾生は、何年在籍するのか?
  7. 上手くいったら…は,ダメです
  8. 雑談雑考;個人経営塾には賞味期限がある

ブログカレンダー

2022年7月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP